【フリーランス】動画編集スキルを独学で身につける方法

ブログ

2020年の4月から友人と動画撮影・編集をしてきました。

最初の方は、もう酷い仕上がりで、今見返しても恥ずかしくなるレベルですね笑
それから1年半の時間が経過しましたが、
遂に「動画編集を教えて欲しいです!」との依頼が来ました!!

これまでは、動画編集の依頼だけでしたが、「指導」の依頼まで来たのは嬉しすぎます。

そんなフリーランス動画エディターの私が、
動画編集を独学で学ぶためにはどうすれば良いのかを紹介したいと思います!

独学で動画編集を学ぶためには

私は、これまでにスクールに通わずに独学で動画編集を学んできました。

今では、色々な学び方があると思いますが、私なりの動画編集の学び方をまとめました!

YouTube大先生に動画編集を教わる

動画編集を学ぶために必要不可欠な教材の一つがYouTubeです!

プロの動画編集者さんが、編集画面と音声付きで教えてくれます!
それも、無料というのがこれは何とも贅沢な世の中ですね。(ありがとうございます)

これは王道というか、1番最初に思い付きそうな教材なので、
今回は私がおすすめする動画クリエイターさんをご紹介します。

高澤けーすけ
カメラ紹介がメインですが、編集が見やす過ぎです。見ててほっこりします笑
TERU FILM
「PremierePro〇〇のやり方」と検索すればほぼこのチャンネルが教えてくれます。
Yusuke Okawa大川優介
Cinematic動画を主に紹介してくれます。いい意味で参考にならないくらいお洒落でカッコ良い

私の動画は、Cinematic Vlog動画をテーマにしていたので、大川さんを優先して見ていましたが、動画ジャンルによって、参考にするチャンネルを変えていく方がいいですね!

超基礎やどの編集ソフトにしようか迷ってる人などは参考にしてみてください。

TV番組やCMから盗む

基礎操作をわかっていたとしても、アイディアが思いつかなかったり、色をどれにすればいいかわからない時があると思います。

自分も動画のテロップの色を決めるだけに30分くらい悩んだこともあります。

そんな時に、かなり参考にしていたのがテレビです。
バラエティー番組CMに使われているテロップの色の使い方を真似しまくりました。

TVでは様々な色やフォントを使用して、文字で雰囲気を作り出しています。

色味やフォントだけでもこれだけの違いがあるので、その時の動画の雰囲気に合わしたり、
テロップ内容によって、使い分けをすると1つ上の動画が作れます。
(英語の方が雰囲気が出る時もありますので、是非試してみてください)

テレビのテロップをよく見ると、縁の色を2色になっている時もあります。
見やすさが格段と変わりますが、初心者の方はまず、写真のレベルのテロップでOKです。

(あれテロップばっかの話になってますね笑笑)

とりあえず、まずは盗む!!そして真似る!その後にオリジナルで考えてください。

動画構成・撮影・編集・投稿の全てをする

学びだけでは、成長はできませんので、実践していきましょう。

私の場合は、動画の「構成・撮影・編集・投稿」まで全て行いました。

初めて2ヶ月は友人と3人でinstagramの方で毎日投稿をしていました。
大学の卒論が忙しくなり、週2回のペースになりましたが、それでも計150本以上の動画を作りました
(なので、1年間で1人50本くらいですね、、すごい、、)

構成と言えるほどの構成案を考えていませんが、撮影に行く前に3人でよく話し合いはしていました。
「ジャンル」「参考動画」「尺」などですかね。

特に「参考動画」では、『こんな感じの映像を撮りたい!』『このトランジション使いたい』など、Youtubeから気に入った動画を引っ張ってきて見せ合っていました。

複数人で動画を作り上げるなら、動画構成の共有は必須ですね。

撮影は、主に沖縄県の観光地を巡り、それを自分たちが出演して撮るだけです。
Cinematicな動画に仕上げるために、羞恥心はありながらもカッコつけてました笑

iPhone→GoPro→Sonyミラーレスと機材も少しずつグレードアップしました!
後でカメラ機材も詳しく紹介します。

編集は、最初は何もわからない状態で始めたので、もうクオリティーは度外視です。
まずは1本の動画を作り、投稿することが大事です。

もちろん、妥協はしませんでしたよ。5分の動画に2日くらいかかりました笑
パワポでテロップを作り、iMovieで編集するという何ともアナログなスタイルで当時はしていました。(今考えるとよく続けいていたなと思います笑)

動画を投稿することで、モチベーションにつなげていました。
(いいね!の数や視聴回数はやっぱり動画作りを続けて行くためのメンタル安定剤になります)

んまあ〜、そこまで伸びませんでしたけど笑

カメラ機材や編集環境を整える

これが結局のところ必要不可欠かもしれません。

これから動画撮影・編集を始める人もそんなこと百も承知かもしれませんが、
それでもやはり必要な事項ですので、ぜひ参考にしてみてください。

私の動画編集を始めたてホヤホヤの時期の環境
2020/4
カメラ機材:iPhone 7
PC: MacBook Air 2015 メモリ4GB
編集ソフト:iMovie(無料)、パワポ

このスペックで、数ヶ月くらい動画制作を行いましたが、限界が、、、、、

というわけで、自己投資と思い少しずつではありますが、買い替えていきました

2020/9
カメラ機材: Sony a7c / GoPro HERO7 Black (約25万円)
PC: MacBook Pro 2019 メモリ16GB (約19万円)
編集ソフト:Adobe Premiere Pro (月額3,600円)

もちろん、当時学生の私はそんなお金はないので、全て月額(分割)払いですね。

それでも購入したことに後悔はありませんでした。

編集環境は一気に上がり、そして毎回の撮影がとても楽しくなりました!!

クオリティーが上がったきっかけとしては、この『自己投資』が一番大きいかもしれません。

まとめてみます

私が伝えたかったことをまずはまとめてみます。

①YouTubeやネットは最高の無料教材です。

②テレビや周りの広告からデザインを学ぶ。

③編集だけではなく、構成・撮影・投稿までする。

④編集環境は自己投資で整える。

当たり前かもしれませんが、これを気づかずに諦めている人がいるかもです。

一気に編集ができる人はいません。地道な努力が一番の近道ですので、頑張ってください。

次回の記事で、『動画編集指導依頼はどこから来たのか』をご紹介します

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました